• Recovering Minds YASUKO

「人生をどう生きるか」セミナーのご報告

最終更新: 11月9日

10月31日(土)~11月1日(日)の2日間、横浜市の「かながわ労働プラザ」にて「人生をどう生きるか~いまの人生に満たされていない自分のために」セミナーが開催されました。コロナウィルス感染に留意し、少人数での実施です。


人生とはいつ終わりが来るかわからないものです。不満を抱えながらその日を待つのか、終わりが来たとしても後悔はないと言えるように生きるのか。そんな難しいテーマに、参加者の皆様に取り組んでいただきました。


写真のホワイトボードに板書してある言葉をご紹介しましょう。


「生きがい」とはなにか?

 1.好きなこと

 2.得意なこと

 3.人のためになること

 4.お金になること


この4つが重なった部分が「生きがい」になるそうです。

得意なことはたいてい好きだし、それが人の役に立てることもあるでしょう。お金になるかどうかは場合によるかもしれません。確かにこの4つが重なったら、最高ですね。


では、人が「幸せ」だと感じる要因はなんだと思いますか?

お金でしょうか?

年末ジャンボ宝くじで10億円当たったら、なんだか幸せになれそうですよね。

ところが、お金というのは幸せの要因としてはせいぜい1割くらいだそうです。

では残りはなんでしょうか?

それは「人との絆」と「好きなことをすること」だそうです。

先ほどの「生きがい」にもありましたが、「好きなこと」をするというのはとても大切なことなんですね。「人との絆」は「好きなこと」をやる中でも、仕事や地域活動を通して作っていくことができます。自助グループもまさに「人との絆」ですね。


大切なのは、人生という旅路をなるべく荷物を軽くして歩むことです。

余計な荷物を抱えて、足を引きずって歩いていませんか?

その荷物とはなんでしょうか?なぜ、いつから抱えているのでしょう。

不要な荷物を下ろして歩く方法について、セミナーでお伝えしました。

1回のセミナーでお伝えできることはわずかですが、仲間を作って取り組み続けることで、きっと少しづつ荷物を軽くしていかれると思っています。





18回の閲覧

​​サイトマップ    >​About Us             >アクセス

お問い合わせ    >プライバシーポリシー​      >English Page

  • Facebook
  • Twitter

Copyright © 2020 Recovering Minds All Rights Reserved.

​記事の無断転載を禁じます。