top of page
  • 執筆者の写真Recovering Minds YASUKO

マインドフルネス山歩きの下見に出かけてきました


4月1日(土)に「季節を味わおう~マインドフルネス山歩き・春」を開催しますが、その下見に、神奈川県秦野市にある弘法山公園に出かけてきました。









小田急線秦野駅から徒歩10分ほどで、入り口に到着します。

狭い入り口ですが、大きな看板が立っているので見落とすことはありません。


ここで少し準備体操をして山道へ入ります。


山道にはすみれがたくさん花を咲かせていました。


春、見っけ。


いちいち、立ち止まって写真を撮るので前に進みません。

すみれって、なんてこんなにかわいいんでしょうか。


マインドフルネスは、「今ここ」に心を置き、心と身体を一致させるものです。

人の心はいつも未来や過去をさまよい、「今ここ」にないことがほとんどです。歯を磨くのも、お風呂に入るのも、ご飯を食べるのも、ほとんどすべてが「自動運転」なのです。

心の中では過去の出来事の上映会がエンドレスで流れています。

「こうすればよかった」

「なんであんなことを言ってしまったのだろう」

「ひどいことを言われて許せない」

などなど・・


「歩く瞑想」をしながらゆっくり歩いていると、少しずつ、「今ここ」に身体と心が落ち着いてくることを感じます。

ゆっくり歩いていると、最初の山に到着しました。

立派な看板が立っていて、なんだかここまで歩いてきたぞ!という達成感がありますね。


桜の花も少し咲き始めていました。

広場にベンチやテーブルがあるので、そこで休憩することにします。


当日は、秦野のお菓子を使って、「食べる瞑想」を行う予定です。

いつもは携帯をいじりながら「自動運転」で食事をしてしまうこともありますが、マインドフルな食を体験していただきます。

コーヒーとスープのサービスもあります。


「歩く瞑想」をしながらゆっくりと土を踏みしめながら進むと、自分が大地に支えられていることを実感します。

「耳の瞑想」では、ウグイスやヒヨドリの声、遠くの車、砂利を踏む音など、普段は意識にも上らないような音が、心に響いてきました。

野の花の中でボーっとするひと時。

なによりのセルフケアです。

草のにおい、春のにおいがします。


ゆっくり1~2時間かけて歩くハイキングコースですので、どなたでも参加できます(女性のみ)。

ぜひ、ご参加くださいね。



閲覧数:46回

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page