HOME > アルコール依存症について知ろう

​アルコール依存症について知ろう

アルコール依存症とはどのような病気なのでしょうか。

そもそもこれは病気ではなく、「ただのお酒好きじゃないの?」「意思が弱いという性格の問題では?」としか思えないかもしれません。

また、「仕事も行っているし、朝から飲んでいるわけでもないから依存症ではない」という誤解もあります。昼は上場企業に勤め、夜は高級ホテルのバーでグラスを傾けている依存症者も少なくないのです。

まずは、依存症は誰もがかかりうる「病気である」ということを理解することがすべてのスタートです。

​「なんでも病気のせいにするな!」「病気だからって許せない」・・・そんな声もご家族からはよく聞きます。それほど、この病気は周囲を巻き込み、傷つける病気なのです。そして、「許す」ということと「知る」ということは別のことであり、「正しく知る」ことで、物事を「正しく理解する」ことができます。これまでのことを許すかどうか、夫婦関係をどうするか、それはまた後で決めることにして、まずは正しく理解することから始めてみませんか。

これを読んでいただくと、あてはまることがいくつもあるかと思います。

これまでのことや、普段のことを思い起しながらぜひ読んでみてください。

​第1章 アルコール依存症ってどんな病気?

① アルコール依存症の診断基準

   症状は? どうやって診断するの?

② どうしてアルコール依存症になるの?

​   同じように飲んでいるのになんであの人だけ依存症に?

③ 脳のメカニズム

​   アルコール依存症って脳の病気なの?

⑤ 身体への影響

​   「酒は百薬の長」だから少しは飲んだ方がいいのでは?

⑥ アルコール依存症の進行のプロセス

​   どのように病気は進行していくの?

⑦ 断酒率と再飲酒

​   お酒、本当にやめられるの?

④ 病的な飲み方と行動パターン

​   この飲み方は病気? 

​第2章 アルコール依存症の心理

① 酔いの心理

   酔っ払いの中ではなにが起きてる?

③ 否認について

   アルコール依存症に特徴的な心理って?

② しらふの心理

   お酒をやめたのになんだかイライラ・・・

​第3章 ご家族の方へ

① 家族の陥りやすい心理

   病気に巻き込まれた家族はどうなる?

② 家族の変化

   家族は病気の影響を受けてどう変わっていくのか?

③ イネイブリングと共依存

   本人のためにやっていたことが実は病気の味方をしていた?!

④ 家族にできること

   家族にできることってなんですか?

​第4章 アルコール依存症の治療と回復

① アルコール依存症の治療

   病院ではどんな治療をしているの?

② 回復とは

   回復したらお酒が飲みたくなくなる?

​第5章 お酒のない生活をするために

① お酒のない生活をするために

   「酒なし生活」にはどんな工夫が必要?

② アルコール依存症で使える社会資源・制度

   治療や回復をサポートしてくれるものは?

​第6章 介入(インタベンション)について

① 治療につなげる

   お酒の問題を認めないときはどうしたらいい?

② 良い介入・悪い介入

   介入はどうやったらうまくいく?

​​サイトマップ      >​About Us      >アクセス

お問い合わせ      >プライバシーポリシー

  • Facebook
  • Twitter

Copyright © 2020 Recovering Minds All Rights Reserved.

​記事の無断転載を禁じます。