​セミナー

依存症、共依存、AC、グリーフ、バウンダリーなど、生きづらさの改善に役立つテーマを扱ったセミナーを行っています。

個人、家族の方はもちろん、援助職のスキルアップにもおすすめです。

​セミナーには、「オンライン」「対面」があります。

​オンラインは少人数で実施し、一方通行の講義形式ではなく、参加型のセミナーとし、参加者の心に残るような、対面セミナーに近い満足度、効果をご提供できるように工夫しています。

​​どのセミナーを受けたらいいかなどのご質問にもお答えしています。「お問い合わせ」フォームからどうぞ。

​オンラインサービスのご利用についてはこちらをご確認ください。

​5月

バウンダリーワーク~境界線の引き方(オンライン)

​いつも他人のことを自分のことより優先させていませんか?

​そして怒りがわいたり、苦しくなっていませんか?

自分と相手の責任や感情を分ける方法を学びます。

日程:5月28日(土) 

時間:10:00~16:00 

参加費:16,500円(税込)

講師:水澤 都加佐(HRIカウンセリングオフィス所長)

2569956_s.jpg
​援助職の方におすすめ

​6月

共依存から抜け出すワーク(オンライン)

共依存とは、依存症やACについて理解する上で非常に重要なものです。

​依存症の問題に関わる方、機能不全家族で育ち、ACからの回復を目指す方に。

​共依存を理解したい援助職にもおすすめのセミナーです。

日程:6月18日(土) 

時間:10:00~16:00

参加費:16,500円(税込)

講師:水澤 都加佐(HRIカウンセリングオフィス所長)

​援助職の方におすすめ

女性のためのミニセミナー

交流分析から学ぶコミュニケーションのヒント(オンライン)

流分析とは、1957年にエリック・バーンが提唱した心理療法の理論のひとつです。
ビジネスの場面でも使われることがあるので、社員研修などで聞いたことがある方もいるかもしれません。
1957年ですから、今からもう65年前のこと、もはや古典といってよいでしょう。
しかし、これを古いと一蹴してしまうのはもったいないくらい、とてもおもしろい実用的な理論です。
自分の自我状態の特徴を知り、コミュニケーションに役立ててみませんか?

・自我状態とは
・自分の自我状態の特徴を知ろう(エゴグラム)
・自分が取りがちなコミュニケーションのパターン
・人生脚本を変える

 

日程:6月19日(日)​​

時間:13:00~15:00

対象:女性のみ(性自認が女性の方も含む)

   機能不全家族に育った、コミュニケーションを変えていきたい、という方

参加費:一般 3,000円(税込)  グループメンバー 2,500円(税込)

※「女性のためのスモールグループセラピー」に参加したことがある方はメンバー価格でご参加いただけます。これから参加してみたい、という方は、お申し込みと同時にグループのチケット(1回チケット、もしくは5回チケットのどちらか)を同時購入していただくことで、メンバー価格でご参加いただけます。

講師:水澤 寧子(Recovering Minds 代表理事・精神保健福祉士・公認心理師・女性学修士)​

​7月

ジュディ&スコット・ジョンソンの

親密で健康な関係であり続けるために~共依存からの回復(オンライン)

​スコット・ジョンソン氏は依存症家族で育ったAC(アダルトチャイルド)であり、アルコールと薬物依存症からの回復者。

アメリカ、カリフォルニア州にある依存症治療機関として世界的に名高いベティ・フォードセンターで長く活躍したファミリーカウンセラーでもあります。

​現在は個人療法家としてだけでなく、日本をはじめ海外でもセミナーを開催し、幅広く活躍しています。

そのスコット氏が、妻のジュディ氏と共に、依存症や共依存で苦しんだ経験から「親密で健康な関係」を保つために必要なことをお伝えします。

夫婦関係に限らず、全ての人間関係における共依存の問題に悩む方におすすめです。

すでにアメリカでは何度も開催され、多くの聴衆を集めている人気のセミナー!

​通訳付きで日本で聞く貴重な機会です。

日程:7月3日(日)​​

時間:10:00~13:00

参加費:13,200円(税込)

講師:ジュディ・ジョンソン、スコット・ジョンソン​

​通訳:会津 亘(Recovering Minds 理事・精神保健福祉士)

Judy Scott 25th Anniversary_page-0001.jpg

母と娘の関係性を考えるグループセミナー vol.2(オンライン)

母親との関係に悩んだり苦しんだりしている娘の立場の方のためのセミナーです。

母親に対するもやもやとした思いや怒り、そして母親のことが許せない自分への罪悪感。

そもそも母親とは、家族とはなにか、ジェンダーの視点も交えて母娘問題を考えていきます。

vol.1では母娘関係を困難なものにしている母性愛神話や、母娘関係の特殊性についてお話をしました。

今回は「母の支配性とその背景」について、当事者本を事例として使いながら、さらに掘り下げていきます。

vol.2からでも問題なくご参加いただけます。

日程:7月18日(月・祝)​

時間:13:00~16:00

参加費:6,600円(税込)

​対象:母との関係性を考えたい娘の立場の女性の方

講師:水澤 寧子(一般社団法人Recovering Minds 代表理事・精神保健福祉士・公認心理師・女性学修士)​​

セミナーチラシ_page-0002 (2).jpg

​講師紹介

水澤 都加佐(みずさわ つかさ)

​ソーシャルワーカーとして神奈川県立精神医療センターせりがや病院・心理相談科長をへて、1994~2019年、株式会社アスク・ヒューマン・ケア取締役・研修相談センター所長。現、HRI 水澤都加佐カウンセリングオフィス所長。自らカウンセリングを行うだけでなく、病院や施設などでも多くの治療、援助者のスーパーバイザーをつとめ、企業や官庁のメンタルヘルスに関するアドバイザーとしても活躍。

Healing and Recovery Institute 水澤都加佐カウンセリングオフィス

2E8A1200_edited.jpg

会津 亘(あいづ わたる)

​早稲田大学教育学部卒業後、渡米し、コネティカット州立大学分子細胞生物学科にて博士号取得。博士(理学)。帰国後、奈良ダルク、介護施設、北九州マック勤務を経て、フリー通訳・翻訳家。2019年3月~5月、アメリカの依存症回復施設、Ranch Recovery Center にて支援者としての研修を受ける。精神保健福祉士。介護福祉士。​訳書多数。

2E8A1119_Original.jpg

水澤 寧子(みずさわ やすこ)

東京女子大学文理学部心理学科卒業。城西国際大学大学院卒業(女性学修士)。精神障害者通所施設、精神科病院勤務を経て、2020年よりRecovering Minds 代表理事。精神保健福祉士。公認心理師。

IMG_4659.JPG
 

テキストです。ここをクリックし「テキストを編集」を選択して編集してください。「テキスト設定」からフォントや文字サイズ、文字色などを変更することもできます。

援助職応援プラン

精神科病院、クリニック、保健所、行政機関、介護施設、回復施設など、対人援助に携わる方を応援するための割引サービスです。

​下記条件に当てはまる場合にご利用いただけます。

​​オンラインセミナー限定

同一の職場でテキスト送付先が1か所

5名以上~9名まで

​請求書払いも可能です。

​10名を超える場合にはご相談ください。

​ご要望のテーマで企画することも可能です。

 

​セミナーお申込み

​お申込みは下のボタンからどうぞ(お申込みフォームへ移ります)。

折り返し、メールでご連絡させていただきます。(返信が迷惑フォルダに入ってしまう場合があります。自動返信メールの後に、お受付のメールを送っておりますので、届かない場合には一度、迷惑フォルダをご確認下さい。見つからない場合にはお手数ですが、メールにてご連絡下さい。)

お申し込みの際は、こちらのキャンセル規定をご一読ください。

精神科、心療内科などに通院中の方は、かならず主治医とご相談の上、お申し込みください。

  • ​​銀行振込

  • 請求書払い

でのお支払いをご希望の方はこちらのボタンからお申込みください。

のちほど、お振込先をご連絡いたします。

  • VISA, Master, JCB, AMEX

  •  コンビニ / ATM

でのお支払いをご希望の方はこちらのボタンからお申込みください。Peatixのページへ飛びます。

Peatix のご利用には簡単な登録が必要です。